NEWS
< >

東京発の注目レーベル<flau>からイギリス出身のプロデューサーsubmerseがセカンドアルバムをリリース

東京に拠点を置くレーベル<flau>は2006年の設立にも関わらず、これまでに数多くの洗練された音楽を世界中に届けている。それはアメリカのカルチャーマガジン「The Fader」が2013年もっとも注目すべきレーベルの1つに挙げたこと、さらにリリースしてきた作品群が、「The Guardian」をはじめ、「Pitchfork」「MOJO」「Q Magazine」「Mixmag」「XLR8R」など英米を代表する重要メディアに取り上げられていることからも分かるだろう。その<flau>から、世界的に評価を高めているイギリス出身の若手プロデューサー、submerseのセカンドアルバム『Stay Home』がリリースされる。

独自のセンスでビートミュージックやヒップホップ、エレクロニカを吸収したスタイルでDJ/ビートメイカーとして注目を集めているsubmerseは、これまでにJames Blake等で知られる<R&S>傘下のレーベル<Apollo>や、ベルリンのレーベル<Project Mooncircle>などから数枚のEPを発表し、「Sonar Sound Tokyo 2013」「Low End Theory」「Boiler Room」にも出演を果たしている。昨年<flau>より発表したファーストアルバム『Slow Jam』から1年も経たないうちに早くもセカンドアルバムを完成させたことは非常に驚きだが、今作に収録されている楽曲を聴けば、その進化にも驚かされることとなる。

昨年の日本滞在中、渋谷の高層ビルから日が落ちて夜へと変わる1日の変化を眺め、東京という都市の呼吸を感じながら制作したという今作。賑やかしい街の喧騒というよりも、どこか一歩引きながら東京という大都会のネオンや空気を美しくも儚く表現しているように思える。ファーストアルバムよりも磨きがかかったスピード感のある多彩なビートを軸としながらも、そのビートと空気のようにゆったりと漂うメロディとが相まって極上なトラック群へと昇華されている。それはまるで街を歩くとき、アパートの窓から外を眺めるとき、さまざまな都市の瞬間瞬間で聞こえてくる音を詰め込んだサウンドトラック集のようにも感じられるだろう。

『Stay Home』は現在日本先行発売中。CD、Digital、LPでの発売となっており、CDバージョンはボーナストラック3曲を含めた、全9曲を収録している。下記URLよりトレーラーが視聴可能となっているので是非チェックしてみてほしい。


◾︎視聴:Stay Home (Trailer)
https://soundcloud.com/flaurecords/sets/submerse-stay-home




- Release Information -

アーティスト:submerse
タイトル:Stay Home
レーベル:Project Mooncircle/flau
発売日:5月20日

[トラックリスト]
01 trip
02 take it slower
03 gloom
04 thinking about you
05 bokeh
06 whyarntyou
07 blueprints (CD/Digitalボーナス)
08 team scare (CDボーナス)
09 lites out (CDボーナス)