NEWS

ベルリンハウスシーンのベテランアーティストTill von SeinがBar Bonoboに登場

 ベルリンハウスシーンを牽引し、NYや多数の海外都市で活躍しているベテランアーティストTill von Seinが、8月10日(月)に渋谷“Bar Bonobo”で来日公演を果たす。

 Till von Seinは、2003年よりハウスミュージック製作のキャリアをスタートし、2006年からベルリンの<Suol>をはじめ、名門<Get Physical>や<Kompakt>、<Morris Audio>などのレーベルから多数のリリースとリミックスワークを発表。「De:Bug」などをはじめとした欧州音楽メディアから数多くの注目と好評を集めている。DJとしては、ベルリンの<Panorama Bar>やNYの<Verboten>など世界30カ国でプレイしており、トップDJとしての活躍もみせている。
 そんな彼が来日公演する本パーティーには、“Bar Bonobo”で最も長く続いているマンスリーパーティー「Lone Star Productions」のレジデントDJ、Ken Hidakaに加え、20年以上に及ぶキャリアを持つDJ NORI(
posivision)、そしてKojiro、MSOKら東京ローカルシーンで活躍するアーティストたちがサポートする。


- Event Information -

タイトル:Que Será, Será with Till von Sein
開催日:8月10日(月)
会場:渋谷“Bar Bonobo”
時間:21:00
料金:2,000円
出演者:Till von Sein (Suol, Dirt Crew | Berlin) , Ken Hidaka (Lone Star Production), Nori (posivision), Kojiro (MoV | re:birth | Hypnodisk), MSOK
SHOP: Batico Massage
ART SPACE: MSOK, 6介 (RxBxT, Masaya)

■clubberia event page
http://www.clubberia.com/ja/events/239987-Que-Ser-Ser-with-Till-von-Sein/
PREV
アウトドアキャンプイベント「GO OUT CAMP vol.11」第1弾アーティスト発表
アウトドアキャンプイベント「GO OUT CAMP vol.11」第1弾アーティスト発表
NEXT
Amazonの音楽ストリーミングサービスがイギリスで開始
Amazonの音楽ストリーミングサービスがイギリスで開始