NEWS

ブライアン・イーノが3年半ぶりの最新作『The Ship』を発表


 アンビエント・ミュージックを提唱したイギリス出身の音楽家、ブライアン・イーノ。1978年から4年間にわたって発表された代表作『Ambient』シリーズをはじめ、『Apollo』(1983年)、『The Pearl』(1984年)など、音楽史に残る数多くの名作を残してきた彼は、プロデューサーとしての手腕も広く知られている。先日この世を去ったデビッド・ボウイを筆頭に、トーキング・ヘッズ、U2、コールドプレイといった世界的アーティストの作品、また70年代後半から80年代前半にかけてニューヨークで起きたノー・ウェーブ・ムーヴメントのきっかけになったコンピレーションアルバム『No New York』(1978年)を手がけたことでも有名。近年ではアンダーワールドのカール・ハイドと共作したアルバム『Someday World』(2014年)を発表したことも記憶に新しい。そんな、偉大な音楽家である彼のニューアルバム『The Ship』が4月27日(水)に発売されることが決定した。
 
 本作は、グラミー賞にノミネートされた前作『Lux』(2012年)から約3年半ぶりのリリースで、過去の作品のどれとも似つかない彼の新たな世界観を感じられるアルバムに仕上がっている。また、ルー・リードが作曲したザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの楽曲「I’m Set Free」が収録されており、本楽曲に強い思い入れがあるという彼がどのようにカバーしたのかも注目したい。
 
 日本先行でリリースされる本作(日本盤)にはSHM-CD(高音質ディスク)を採用。彼の新たな世界を上質な音で楽しめる仕様になっているほか、ボーナストラック「Away」も収録され、初回生産限定のコレクターズ・エディションと通常盤の2フォーマットで発売される。



- リリース情報 -
アーティスト:Brian Eno
タイトル:The Ship
レーベル:Warp Records/Beat Records
価格: 2,750円(国内盤コレクターズ・エディション)、2,200円(国内通常盤)※ともに税別
発売日:2016年4月27日(水)

[トラックリスト]
01. The Ship
02. Fickle Sun (i)
03. Fickle Sun (ii) The Hour Is Thin
04. Fickle Sun (iii) I’m Set Free
05. Away (※Bonus Track for Japan)

■国内盤コレクターズ・エディション
beatkart:http://shop.beatink.com/shopdetail/000000002018
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B01C3ZLVZM
■国内通常盤
beatkart:http://shop.beatink.com/shopdetail/000000002019
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B01C3ZP14Y
■デジタル配信
iTunes:http://apple.co/1QbS9XB
PREV
ブラジルのクラブがオーディエンスの動きや温度に反応するLED照明を導入
ブラジルのクラブがオーディエンスの動きや温度に反応するLED照明を導入
NEXT
タイコクラブ、第3弾ラインナップ発表。Takkyu Ishino、Tycho、Traxmanら出演
タイコクラブ、第3弾ラインナップ発表。Takkyu Ishino、Tycho、Traxmanら出演