NEWS

Adrian Sherwoodの名コンピアルバム第2弾がリリース

 Adrian Sherwoodがコンピレーションアルバム『Sherwood At The Controls Volume 2: 1985 - 1990』を6月24日(金)にリリースする。

 本作は2015年にリリースされた『Sherwood At The Controls Volume 1: 1979 - 1984』の続編。エレクトロからインダストリアル、ノイズ、ヒップホップ、アフロビート、ダブまで、よりアプローチの幅を広げた80年代後期に焦点を当てた作品で、彼が師と仰いだLee "Scratch" Perryをはじめ、Mark Stewart、Ministry、KMFDM、Tackhead、African Head Chargeらの楽曲が収録。5曲の完全未発表音源に加え、アナログでリリースされた音源も4曲、初CD化されている。

 UKの名門レーベル、ON-U SOUNDを主宰し、ダブシーンを常に牽引してきたプロデューサー/アーティストのAdrian Sherwood。彼が確立した独自のスタイルは、数多くのアーティストからリスペクトを集め、Blur、Primal Scream、Nine Inch Nails、Depeche Modeなどのプロデュース/エンジニアを務めている。最近では、ブリストルダブステップの雄、Pinchと組んだSherwood & Pinchのプロジェクトのほかに、日本人ガールズノイズバンド、にせんねんもんだいのアルバム『#N/A』のプロデュースもしている。

■『Sherwood At The Controls - Volume 2: 1985-1990』ティザームービー



- Release Information -
タイトル:Sherwood At The Controls - Volume 2: 1985-1990
アーティスト:V.A.
リリース:2016年6月24日(金)
レーベル:ON-U SOUND/BEAT RECORDS

<Track List>
1.Mark Stewart - Hypnotized (12" Mix) (1985)
2.Tackhead - Mind At The End Of The Tether (1987)
3.Doug Wimbish & Fats Comet - Don't Forget That Beat (Alternate Dub) (1985)**
4.Flux - The Value Of Nothing (1986)
5.The Unknown Cases - Masimbabele 89 (Adrian Sherwood Remix) (1989)**
6.Keith LeBlanc - These Sounds (1989)
7.The Beatnigs - Television (Dance Mix) (1988)**
8.Pankow - Girls & Boys (1987)
9.Ministry - All Day Remix (1986)
10.Rinf - Big Bondage (Kinky Sex Wet Mix) (1987)**
11.KMFDM - Don't Blow Your Top (Adrian Sherwood Remix) (1988)
12.Dub Syndicate - Snatch A Style (1985)*
13.Lee ‘Scratch’ Perry - Music & Science Madness (1987)*
14.Bim Sherman - Haunting Ground Dub (1986)*
15.African Head Charge - Hold Some Version (1990)*
16.Dub Syndicate - Early Mafia (1989)*


■リリースページ
http://www.clubberia.com/ja/music/releases/4732-Sherwood-At-The-Controls-Volume-2-1985-1990-V-A/
PREV
DJ Shadowが5年ぶりにアルバム『The Mountain Will Fall』をリリース
DJ Shadowが5年ぶりにアルバム『The Mountain Will Fall』をリリース
NEXT
「rural 2016」の第1弾出演アーティストにSendai Sound System、Pearson Sound、DJ NOBUら決定!
「rural 2016」の第1弾出演アーティストにSendai Sound System、Pearson Sound、DJ NOBUら決定!