NEWS
< >

ゲーム機で音楽制作?チップチューン日本上陸

ファミコン、MSX、ゲームボーイなど、80年代に発売されたチープなパソコンやゲーム機をあえて使用する楽曲制作の手法で、ハイファイな音楽シーンへのカウンターカルチャーとして、世界的なムーブメントとなりつつある音楽ジャンル「チップチューン」。2006年末には、シーンを追ったドキュメンタリー映画「8-bit」がニューヨーク近代美術館(MoMA)で上映され、チケットが即Sold Out。同時期には、世界的なチップチューンの祭典「Blip Festival 2006」が開催されるなど、現在、急激な盛上がりを見せているチップチューンを、いち早く日本に紹介するべく設立された情報サイト「VORC」が、80年代ゲーム音楽シーンの遺伝子を受け継ぎ、自らのレーベル「VORC Records」を設立。その第一弾として、映画「鉄コン筋クリート」のサントラをリミックスしたCD「鉄筋コンクリート」に、Derrick Mayらと共に楽曲参加したSaitoneを始めとした、海外、国内のチップチューン界のトップアーティストを収録したコンピレーションアルバム「Holy 8bit Night」をリリースする。また、12月16日(日)には、amate-raxi(渋谷)にてリリースパーティーを予定している。

■Holy 8bit Night
http://www.clubberia.com/Release/Detail/?id=2007

■VORC RECORDS
http://www.vorcrecords.com/