NEWS
< >

世界三大ジャズフェス「モントルー・ジャズ・フェスティバル」が今年も東京で開催。キービジュアルをファッションデザイナーのヤマモトヨウジが担当

 世界最大級のジャズ・フェスティバル「モントルー・ジャズ・フェスティバル」の東京開催が昨年に引き続き決定。今年は、10月7日(金)、8日(土)、9日(日)の3日間。開催地は、恵比寿ザ・ガーデンホール、代官山UNITで行われる。

 「モントルー・ジャズ・フェスティバル」はスイス、レマン湖畔の街モントルーで1967年に始まった音楽の祭典。毎年7月の上旬から中旬にかけて行われ、例年25万人を超えるファンが足を運ぶ。ジャズだけでなく、ロック、ブルース、レゲエ、ソウル、エレクトリックミュージックなど、さまざまなスタイルの音楽を世界の一流アーティストたちが上演。今年は開催50周年にあたるメモリアルイヤーということもあり、スイス本国でもかつてないほどの大きな盛り上がりを見せている。

 昨年の『モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2015』では、イベントのキービジュアルを漫画家の大友克洋氏が制作したことも話題をよんだ。今年のキービジュアルは、世界的に活躍するファッションデザイナー、山本耀司氏を起用。画家、朝倉優佳氏と共作し完成させた。


- Information -

タイトル:モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016
開催日:10月7日(金)、8日(土)、9日(日)
会場:ザ・ガーデンホール、UNIT

■オフィシャルサイト
www.montreuxjazz.jp 
28
NOV

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL