NEWS
< >

小西康陽が “今クラブで回したい”80〜00年代J-POPコンピとPIZZICATO FIVEの7インチも同時リリース

 劇伴音楽のベストアルバム『なぜ小西康陽のドラマBGMはテレビのバラエティ番組でよく使われるのか。』のリリースでさらなる注目を浴びるベテランプロデューサー小西康陽が、新たなコンピレーションアルバム『エース』を2月22日(水)にリリースする。

 本作は“今クラブで回したい”ソニーミュージックの80〜00年代における有名楽曲を1枚にコンパイル。渋谷のクラブOrgan barで、毎月第三金曜日に開催されている人気レギュラーイベント「(((((((A)))))))エース」の名前を冠し、彼が“7インチのアナログ盤で出してほしい”という想いを込めて選んだ全17曲を収録。ジャケットデザインは、彼とともに同パーティーでDJを務めている常盤響が手がけている。
 
 本リリースに併せ、PIZZICATO FIVEの限定7インチアナログシングルが2枚同時発売されることも決定。「七時のニュース」と「皆笑った」の2曲を収録した『カップルズep』、「惑星」と「これは恋ではない」を収録した『ベリッシマep』といった、どちらもファンに人気の高い初期楽曲の夢のカップリングシングルとなっている。

 特設サイトでは、今後のリリースを左右するアンケート企画「7インチで欲しいね!アンケート」が実施されている。

 

■特設サイト
http://www.110107.com/A7inch