NEWS
< >

業界の豪華アーティストが集結! 日本初のヒップホップ専門ラジオ「WREP」誕生


 日本初のヒップホップ専門ラジオ「WREP(レップ)」が2017年4月1日に開局。開局を記念したオープニングセレモニーが、3月23日に同ラジオ番組の収録会場である東京・渋谷のstudio missionで開催された。


 「WREP」は、ジャパニーズヒップホップシーンのキーパーソンZeebraが構想。渋谷のクラブSOUND MUSEUM VISIONやContactを運営する株式会社グローバルハーツの代表取締役の村田大造氏がこれに賛同し実現した。番組では、Zeebraを筆頭に、現代のジャパニーズヒップホップシーンを担う豪華アーティスト/DJが各曜日のパーソナリティを務め、トークを交えながらさまざまな楽曲を発信していく。

 


 セレモニーではZeebraが「WREP」のプレゼンテーションをラップでおこなったほか、村田大造氏、各曜日のパーソナリティが登壇しラジオに対する想いや意気込みを発表した。


 「ラジオ番組に関しては長年構想を練っていましたが、昨今の日本ではヒップホップブームの到来や風営法の改正など、大きな変化が起こっているこのタイミングだからこそ立ち上げました。今後は、曜日対抗のMCバトルや、電話を使った勝ち抜き戦MCバトルなど、一風変わった企画も実施していこうと思っています」Zeebra


 「幼少期からラジオで多くの音楽に触れてきたという思い出があります。現代においてラジオというメディアはなかなか取り上げられにくいものですが、音楽を発信する媒体としては大きな力を秘めているので、日本の音楽シーンを世界水準にもっていくためのひとつのきっかけになれればいいと思っています」村田大造氏

発起人のZeebraが、本ラジオ番組についてラップで紹介。

 


 初回の放送は4月1日15:00から。6時間にわたり開局特番「WREP SPECIAL」が放送される。総合MCをZeebraが務め、各曜日の番組パーソナリティによるトークやフリースタイルセッションなどが展開される。番組では、紹介された楽曲やCMで紹介されたイベントのチケット、商品の購入も可能。
 なお、「WREP」のローンチ記念したパーティーが5月6日に渋谷SOUND MUSEUM VISIONで開催されるのでこちらもお見逃しなく。

 

<番組パーソナリティー>
AI, EGO, ISHI-ONE, UZI, USU a.k.a SQUEZ, UNO, AK-69, MC正社員, MC RYU, ERONE(韻踏合組合), CREAM, KEITA, Kayzabro(DS455), Kダブシャイン, KEN THE 390, Core-Boy, COMA-CHI, Zeebra, JASMINE, Jinmenusagi, 崇勲, SKY-HI, 須藤凛々花(NMB48), S7ICKCHICKs, 高木完, DABO, TKda黒ぶち, D.O, DJ 8MAN, DJ TY-KOH, DJ YOSHII, DJ RYOW, TonyTouch, T-PABLOW, MIGHTY CROWN, Lick-G, LUNA, LEON a.k.a 獅子, LETY(Def Will), YZERR, 輪入道, and more.(五十音順)


■「WREP」オフィシャルサイト
https://wrep.jp/

 

曜日ごとにパーソナリティを務めるさまざまなアーティストが登壇し、それぞれの想いを語った。写真は木曜日のパーソナリティを務めるCREAM、CHOZEN LEE(MIGHTY CROWN)、AK-69、DJ RYOW。

オーバーグラウンドやアンダーグラウンド、都内や各地方など、さまざまな場所で活躍するヒップホップアーティストたちが集結。どのような番組が展開されるのか楽しみだ。

STUDIO MISSION内に併設された公開収録可能なラジオスタジオ。

28
MAY

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL