ARTISTS
< >

DRUNKEN KONG

  DRUNKEN KONGは、2011年にデビューし、以来東京のクラブのAgeha、WOMB 、VENT、SANKEYS TYO、CONTACT TOKYOの他、地方 や海外 などで 数々のLiveをこなす。 2015 年から毎年、Christian Smith のレーベルの Tronicから EPとコンピレーションをリリース。更に Monika Kruse のレー ベルの Terminal M や、Boris のレーベルのTransmit、Sianのレーベルの Octopus Recordings、プログレッシブハウスでも有名な Dave Seamanの Selador など TOPレーベルから多数リリース 。 日本のレーベルの Session Wombなどからも EPをリリースし、反響を呼 んでいる。 特にTronicからの 【To The Piece】と Terminal M からの【 Chanted】 は 、Beatport でテ クノ EP チャート2位を獲得。 2017年 2月の時点で、全7曲 のオリジナルト ラックが、 Beatportのテクノチ ャー ト 100位以内にランク インを果たす。 更に2017年にTronicか らリリースした1st Albumは、 世界 30カ国以上のメ ディアに取り上げ られ、アルバムチャートで3位まで浮上、 テクノアーティ ストとして 、世界ランク19位も獲得し、世間を揺るがせた。 2018年にリリース したOctopus Recordingsからの初のEPは、 見事 beatport technoチャート のTOP10入りを果たし、更に2019年にリリースした【Viver】も、Carl Cox, Adam Beyer, Christian Smith, Monika Kruseなどにサポートを受け、反響 を呼んだ。 また、2020年には2nd AlbumがTronicからリリースされ、今現在注目を浴びて いる。 2016 年から毎年 ADE(アムステ ル ダ ム •ダ ンス •イベント)にも出演。そ して 2017 年の SONAR OFF WEEK にも 出演 し、フロアーが湧く PLAY を 見せて多くのお客を魅了 した。それ以降、 南米を筆頭にオ ーストラリア ツ アーや、カナダ、アメリカツアー、アジアツアーも 成功を納め、2018 年 の ULTRA JAPAN や イビザのクロージング パーティーなど、世界中で 活 躍を見せている。 日本 でもクラブイベントのみならず、TV TOKYO の番組 『BONSAI meets the world』や、GINZA SIX のオープン記 念パーティー などに も出演してい る 。 DJ、エンジニアの経験を十分に備え、進化する音 を追求するこの DRUNKEN KONG を、是非一 度堪能していただきたい。

DRUNKEN KONG is the moniker of D.Singh. Born by an Indian father and Japanese mother, he studied in an audio engineering school in Los Angeles where he was primarily focused on making up-tempo music and then he started his DJ career when he moved back to Japan in 2008. Since then he had been playing at various parties in Tokyo and other parts of Japan.DRUNKEN KONG has been releasing music on major international labels such as Christian Smith`s Tronic, Monika Kruse`s Terminal M, and Transmit Recordings as well as other domestic labels such as Session WOMB. All 7 tracks of his EPs in early 2017 on Tronic and Terminal M have entered Beatport Top 100 Techno chart at the same time, which has made an impact on the Asian and global techno scene.His music is gaining a lot of attention/support from international top artists and DJs such as Adam Beyer, Christian Smith, Monika Kruse, Pan-Pot, Umek, Boris, 2000 and One, Stephan Hinz, Wehbba Wally Lopez, and Deadmau5 just to name a few.In June of 2017, he has released his first album “The Signs Within” from Tronic. This album not only featured his originals but also collaboration tracks with Christian Smith and Victor Ruiz.DRUNKEN KONG has been constantly active in the Tokyo techno scene, playing regularly at major Tokyo clubs such as WOMB, Ageha, Unit, Vent and Sankeys TYO. He has also started his own resident party “INTENTION” at WOMB, inviting artists such as Christian Smith, Uto Karem, Nathan Barato, Arjun Vagale and Jewel Kid to Tokyo while also expanding his musical influence to other regions of Asia.DRUNKEN KONG has also been successfully touring in Europe, playing in different cities of Portugal, Spain and France, and Germany, playing in major clubs such as Barraca and Sisyphos in Berlin. He has also played for Tronic vs. Terminal M showcase, during ADE (Amsterdam Dance Event) and Tronic Showcase during Sonar Off week.