NEWS

70社に及ぶベルリンのブッキングエージェントが結束。新団体「Booking United」を設立

 ベルリンの約70社に及ぶブッキングエージェントが、弁護団体「Booking United」を設立。新型コロナウイルス感染拡大の影響に伴い、経済的苦境に立たされているアーティストやエージェントなどに対して特別支援を求める声明をドイツ政府に提出した。具体的な提案は以下の通り。

・ドイツは、連邦政府が出資する文化機関と契約を結んだフリーランスのアーティストにキャンセル料を支払うことに合意。Booking Unitedは、連邦政府の資金提供に関わらず、この方針をすべてのアーティストに適用することを求める。キャンセル料は政府が支払うものであり、同じように苦境に立たされているプロモーターが支払うものではない。1,000ユーロ未満の契約のアーティストには最大60%、1,000ユーロ以上2,500ユーロ未満のアーティストには40%のキャンセル料を要求。

・クラブやイベントの再開について、明確なスケジュールの要求。

・ブッキングエージェントに対して、a)100%安全なローンとb)3ヶ月間の緊急支援パッケージの形で、従業員の数に応じて助成金を支給することを要求。


Booking United公式HP
https://booking-united.org/
05
JUN
PREV
坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』が1週間限定で無料公開
坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』が1週間限定で無料公開
NEXT
日本のレコードカルチャーとクラブシーンを捉えたドキュメンタリー『Diggin' Thru Japan』が公開
日本のレコードカルチャーとクラブシーンを捉えたドキュメンタリー『Diggin' Thru Japan』が公開