NEWS

ドイツでソーシャルディスタンスを確保したパーティーが開催

 5月21日(木)、ドイツ・ミュンスターにあるビーチクラブ「TakaTuka」にてソーシャルディスタンス・パーティーが開催された。2000人収容の会場を100人にまで減らし、70ユーロで販売された高額チケットは即日完売。出演者には、ドイツの名門レーベルRunning Backを主宰するGerd Jansonなど計4組のアーティストがラインナップされた。

 会場には、1.5m間隔で個人が踊れるサークルを描くことで、ソーシャルディスタンスを確保。参加者は全員フェイスマスクの着用を義務化され、DJブースの周りにはガラスのバリアが設置された。そのほかにも、最大4人までのグループが集まって飲むことができるエリアが設けられたり、バーに安全な間隔を示すマークが付けられるなどさまざまな安全対策が施された。

 通常価格の20倍以上で販売された70ユーロのチケットの収益や、大幅にカットした出演者のギャランティー差額は会場の維持費に補填されるとのこと。


引用元リンク:https://www.onlytechno.net/social-distancing-raves-are-happening/
PREV
ドラムンベースの発展を描いた長編ドキュメンタリー『Drum & Bass: The Movement』が公開
ドラムンベースの発展を描いた長編ドキュメンタリー『Drum & Bass: The Movement』が公開
NEXT
坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』が1週間限定で無料公開
坂本龍一のドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto: CODA』が1週間限定で無料公開