NEWS

バドワイザーがアーティスト支援プロジェクト「RE:CONNECT」を発足

 バドワイザーが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有な危機に直面している音楽・ファッション・アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CONNECT」を発足した。オンラインでのパフォーマンスやコンテンツ配信を今夏に実施。 アーティストやファン、ライブハウス/クラブをつなぎ直し、カルチャーシーンの「再生」を目指す。

 RE:CONNECTは、今春開催予定だったクロスカルチャーイベント「BUDX」や広告などのマーケティング活動をキャンセルし、その予算の一部である約2,000万円を寄付としてカルチャーシーンに還元。音楽プログラム配信やオンラインでのエキシビジョン開催など、様々なアプローチを通じて、アーティストが活動できる機会、また存続の危機に直面しているライブハウス/クラブ、バーなどの活用機会を作り出していくとのこと。 

 RE:CONNECTでは、日本で活躍するアーティストをキュレーターとして起用。 キュレーターは、次世代のカルチャーの担い手となる新進気鋭のクルーやアーティストを複数人選定し、彼らそれぞれが独自のパフォーマンス配信やコンテンツを制作していく。コンテンツの詳細は今後発表予定とのこと。

バドワイザー公式WEBサイト
https://budweiser.jp



 
PREV
Bandcampが6月19日の売上を全米黒人地位向上協会の法的防衛基金に寄付することを発表
Bandcampが6月19日の売上を全米黒人地位向上協会の法的防衛基金に寄付することを発表
NEXT
Burning Manがバーチャルイベント・プラットフォーム「Kindling」をローンチ
Burning Manがバーチャルイベント・プラットフォーム「Kindling」をローンチ