NEWS

Bandcampが6月19日の売上を全米黒人地位向上協会の法的防衛基金に寄付することを発表

 音楽販売プラットフォームBandcampが、アメリカの奴隷解放記念日Juneteenth(6月19日)の売上全てを全米黒人地位向上協会 (NAACP)の法的防衛基金(NAACP Legal Defense Fund)に寄付することを発表。今回の寄付は、5月25日に米ミネソタ州ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人男性のGeorge Floydが、警察官に膝で首を押さえつけられ窒息死した事件と、これを機に全米で進行中の大規模な抗議活動に触発されてのこと。

 Bandcampの公式サイト上では、CEOのEthan Diamondが次のように述べている。「近年のGeorge Floyd、Tony McDade、Sean Reed、Breonna Taylor、Ahmaud Arberyの殺害と、現在も進行している米国及び世界中の黒人に対する国家の暴力は、恐ろしい悲劇です。私達は正義、平等、変化を正当に求める人々、そしてBandcampコミュニティの多くの仲間、従業員やアーティスト、ファンを含め、人種差別の中で毎日生活しているあらゆる有色人種を支持します」。

 Bandcampは6月19日の売り上げを寄付するだけでなく、人種差別と戦う団体に追加で年間30000ドル(約325万円)を寄付することも発表。また、奴隷解放記念日Juneteenthの売上還元は今後も毎年行っていくと声明している。

Bandcamp公式ページ
https://daily.bandcamp.com/features/bandcamp-naacp-ldf-fundraiser
PREV
AR技術を活用したオンラインアートギャラリー 「有楽町 Wall Art Gallery」がスタート
AR技術を活用したオンラインアートギャラリー 「有楽町 Wall Art Gallery」がスタート
NEXT
バドワイザーがアーティスト支援プロジェクト「RE:CONNECT」を発足
バドワイザーがアーティスト支援プロジェクト「RE:CONNECT」を発足