NEWS

AR技術を活用したオンラインアートギャラリー 「有楽町 Wall Art Gallery」がスタート

 様々な人・アイディア・文化・食に出逢える多機能型市場「有楽町micro FOOD & IDEA MARKET」の外壁の一部を利用し、AR技術を活用したオンラインアートギャラリー 、「有楽町 Wall Art Gallery」プロジェクトが6月5日(金)よりスタートする。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、外出の制限やアートを鑑賞する場所の閉鎖により、アートに触れる機会が極端に減ってしまった。そのような社会状況を踏まえ、当プロジェクトは、店頭の外壁の一部を利用すること、24時間鑑賞できる状態にすることで、可能な限り3密の状態を避けて、誰もが無料でアートを楽しむことができるように設計されている。

 第一弾の展示は6月5日(金)から7月4日(土)まで実施予定。サウンドデザイナーとしてインスタレーション、空間演出などさまざまな分野で活動するkaito sakuma a.k.a BATICによる自然音のバイノーラル音源を可視化した作品『Voices』が展示される。外壁にあるQRコードが記載されたポスターに携帯のカメラをかざすとブラウザが起動し、そのままブラウザ上で作品を鑑賞することができる。



プロジェクト概要

名称:
有楽町 Wall Art Gallery 所在地:東京都千代田区有楽町 1-10-1 有楽町ビル 1F「有楽町『micro FOOD & IDEA MARKET』」外壁の一部

アクセス:
有楽町駅より徒歩1分

プロジェクト開始日:
2020年6月5日(金)

鑑賞方法:
1 店頭外壁に掲載されているQRコードを携帯のカメラアプリで読み込む
2 ブラウザでカメラへのアクセスを許可
3 作品説明が表示された後、QRに再度、カメラを合わせることで作品鑑賞が可能
第一弾アーティスト作品:”Voices” by kaito sakuma a.k.a BATIC 作品更新期間:約一ヶ月に一回の頻度で更新予定
展示企画詳細 URL:https://yurakucho-micro.com/stage/wall-art-gallery/

 
ステートメント

Don’t need brain to enjoy art
「アートを楽しもう」

正解のない時代。
     未来は、本当に誰にも分からなくなった。

       左脳で考えた結論の価値は薄まり、
  右脳で感じた感覚を皆が大事にするようになってきた。
   いま、必要なことは、自分の心に素直になること。
百人いれば、百通りの解釈があるのがアート作品の良いところ。

       自分の感覚を大切に、
      自分の心に素直に、
   自分の好きを信じて、
     自分の意思で決断すれば、
          毎日が少し、楽しくなるかもしれない。

   アートをきっかけに、正解のない人生を楽しもう。



 
PREV
フジロック、来年8月に延期
フジロック、来年8月に延期
NEXT
Bandcampが6月19日の売上を全米黒人地位向上協会の法的防衛基金に寄付することを発表
Bandcampが6月19日の売上を全米黒人地位向上協会の法的防衛基金に寄付することを発表