NEWS

文化庁が新たな支援制度を発表。アーティストに最大150万円の支援も

 文化庁が、新たな文化支援制度「文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ」を発表。音楽や美術、演劇など芸術活動を営む小規模団体やフリーランスに最大150万円の支援を行うことが明らかになった。

 本制度では、509億円が「文化芸術・スポーツ活動の継続支援」として、フリーランスや小規模団体向けの予算として計上。支援対象は、以下3つに分類されている。

(1)標準的な取組を行うフリーランス等向け
(2)より積極的な取組を行うフリーランス等向け
(3)小規模団体向け

 標準的な取組を行うフリーランス等は20万円、そしてより積極的な取組を行うフリーランスや小規模団体は、「動画収録・配信による活動の発信等、発展的取組」を追加して行うことで、最大150万円まで応募が可能となっている。募集に際しての条件は以下の通り。

(1)不特定多数に公開することによってチケット収入等をあげることを前提としたものであって
(2)新型コロナウイルスによるイベント等の自粛によって大きな影響を受けるとともに、
(3)今後の再開に当たって複数の者の参加が必要であったり、稽古が必要などの理由など何らかの事情がありすみやかな再開が困難であったり、コロナの感染防止のために従来と同様の収入が確保できない可能性があるなどの事情がある活動

「文化芸術活動への緊急総合支援パッケージ」の詳細はこちらより
PREV
野外パーティー「GLOBAL ARK 2020」の開催が決定
野外パーティー「GLOBAL ARK 2020」の開催が決定
NEXT
Kan Sanoの新曲『DT pt.3』のMVが公開!一般公募で集まったダンス映像150本を凝縮
Kan Sanoの新曲『DT pt.3』のMVが公開!一般公募で集まったダンス映像150本を凝縮