NEWS

Ableton Meetup Tokyoがオンラインウェビナーを開催。starRoと斎藤喜寛が登壇

 DAWソフトウェアAbleton Liveのユーザーコミュニティー「Ableton Meetup Tokyo」が、8月8日(土)に2回目のオンラインウェビナーを開催。2017年にグラミー賞最優秀リミックス部門にノミネートされ、現在は東京に拠点を移したプロデューサーのstarRoと、AI MUSIC TECHNOLOGISTで、音楽とテクノロジーを融合させたオンラインスクール=CANPLAYを運営する斎藤喜寛が登壇する。

 本ウェビナーでは、starRoが、シンガーやラッパーなどトラックメイキングがメインではない人向けに、スピーディーにトラックを作る方法を、そして斎藤喜寛が、ここ数年急速に普及しているAIの音楽制作への応用方を紹介する。

 本ウェビナーはチケット制(2000円/学生 600円)となっていて、チケット購入者は、イベント終了後にアーカイブ映像をダウンロードできる予定となっている。


イベント概要
Ableton Meetup Tokyo Vol.31 Summer Webinar
2020/8/8 (土) Start 15:00
Zoom配信のオンラインイベント

出演者
Presentation
starRo “スピードが大事!歌のアイデアをすぐに形にするためのトラックメイキング”

斎藤喜寛
“Ableton Live with AI”

MC : DIEZONE

料金 : 2000円/学生 600円

チケット購入 : https://amt31.peatix.com/  
イベント詳細 : https://ableton-meetup.tokyo/?p=1336 

※学割について
学生の方は学割(600円)での参加が可能です。
Ableton Meetup TokyoのTwitter @AMT_TYO宛にDMで学生証を写真(氏名・学校名がわかるもの)に撮ってお送り頂くと、ディスカウントクーポンを発行します。 このクーポンコードをPeatixの申込み時にご入力頂くことで、学割が適用されます。 ※個人情報は学割の適用のみに使用し、他の用途には使用しません。お送り頂いた写真はイベント終了後に削除します。
PREV
dublab.jpのwebサイトがフルリニューアルオープン
dublab.jpのwebサイトがフルリニューアルオープン
NEXT
DJやオーガナイザー、レーベルに対する支援策とは?「文化芸術活動の継続支援事業」に関してインタビューを実施
DJやオーガナイザー、レーベルに対する支援策とは?「文化芸術活動の継続支援事業」に関してインタビューを実施