NEWS
>

「Transcendence 2024」フルラインナップを公開。Garçon、Sybil、OCCAらシーン最前衛アクトが集う。

新時代のサイケデリック・ダンスミュージックを独自の目線で、キュレーションし続けてきた「Transcendence」が、去年に続き第二回目となる野外イベントの開催を発表。今年は、長野県北相木村に位置する 「長者の森」を舞台に移し、2024年5月11日(土)〜12日(日)の日程で開催されることが発表された。

これまで都内のクラブイベントでは、Marco ShuttleやNeel、Sunju Hargunらを筆頭に、ダンスミュージックを独自の目線でアップデートするアーティストらを招聘してきた同クルーは、去年に初となる野外イベントを開催。Jane FitzやCarl H、Kiaら、現行シーンを多角的に捉えたキュレーションも評判で、多くの来場者に強烈な印象を焼き付けた。





今年も、新しい会場を舞台としつつ、去年と変わらない現行ダンスミュージックシーンの最深部で活躍する強力な個性派アーティストの登壇がアナウンスされている。

スイスの文化都市バーゼルで頭角を現した〈amenthia recordings〉の一員であるGarçonは、〈Dekmantel Festival〉を筆頭とした欧州主要フェスのプレイヤーとしても知られるが、ここ東アジアにおいても日本で開催される〈The Labyrinth〉や台湾の〈Organik Festival〉など、独自の路線を往くサイケデリックシーンとも融和してきたアーティスト。去年は、同レーベルメイトであるAgonisとのB2Bとして出演を果たしたが、今年は同フェスを締め括るクロージングスロットでソロのDJセットを披露する予定だ。




 
​また感覚を喪失させるようなミニマル・トリップを提供する実力派バイナルセレクターのSo-Fiは初となる来日公演。他では聴くことのできないブレイクビーツ〜ハウス〜トランスを横断する唯一無二のテクニカルなグルーヴ感を是非現場で体感してほしい。
 
< So-Fi at HÖR >

深淵な環境音楽に焦点を当てたポッドキャストシリーズ〈Deep Mind Music〉を主宰する英国拠点のSybilは、過去にもスペインの〈Paral·lel Festival〉やポルトガルの〈Waking Life〉等の前衛的なダンスイベントに登壇してきた多彩なサウンドパレットを併せ持った実力派のDJ。加えて、今年の〈Paral·lel Festival〉への出演が発表されているNY拠点のAaron Jも、レーベル〈Sure Thing〉を通じて米国NYを拠点に電子音楽の耽美な世界を構築してきた人物として注目を集めている。

精神に深く作用する強烈なトランス・ルーツのダンス・ミュージックを制作する豪州出身のKaiseiも合わせて、瞑想的な側面を持ちながらも、変則的な展開を特徴とする新世代のダンスミュージックシーンを独自に切り拓いてきたアーティストらが世界中から集うこととなる。

 
< Sybil at The Lot Radio >
 

 

日本のローカルシーンからは、北海道が誇る音楽聖地〈Precious Hall〉でレギュラーイベント〈Archiv〉を主宰し、未知なる音楽的境地を目指すOCCA、東京のテクノシーンには欠かせない世界中にその名が轟く漆黒の技巧派DJ YAZI、その名が世界各国の音箱から老舗フェスティバルまで知られる日本のアンダーグラウンドシーンの至宝CHIDA、アジアで展開される〈LIMINAL DREAMS〉を主宰し、東京でのイベントのディレクションを手がけるTonerが迎えられる。

今や世界中のディープで前衛的なフェスティバルでもその名が見られるようになった、本イベントの主宰を務めるDJ MARIA.とTakumi Inamotoが脇を固め、盤石の布陣で二日間の物語が届けられる予定だ。

< Transcendence 2023でのOOCAのセット >

<BASSIANI · Bassiani invites DJ Yazi / Podcast #56>

また会場となる「長者の森」は、敷地内を透き通った清流「相木川」の流れる大自然に囲まれたレジャー施設。キャンプ場のほか、ローラー滑り台を始めとする大型遊具を備えており、ファミリー層や野外フェス初心者でも快適に過ごせる環境が整っている。

会期中を不便なく過ごせるコテージチケットも数量限定で販売されているので、キャンプ用品を持って行かずに、イベントを楽しみたい方は、こちらもチェック。会場付近には、有名な登山スポットや温泉施設も数多く存在するので、大自然の中で家族や友人たちと、のんびり過ごすのも良い選択肢となるだろう。




大自然に囲まれた環境で、二日間にわたる電子音楽の壮大な旅を堪能できる絶好の機会をお見逃しなく。



『TRANSCENDENCE 2024』
日時:2024年5月11日(土)〜5月12日(日)
時間:11日13時開場、15時開演、17時閉会予定
会場 : 長野県北相木村・長者の森
LINE UP:
Artist

Aaron J(US)
CHIDA
DJ MARIA.
DJ YAZI
Garçon(Switzerland)
Kaisei(Australia)
OCCA
So-Fi(Germany)
Sybil(UK)
Takumi Inamoto
Toner
Sound System
OtOdashi
Space Design
RGB
Shinovi Creation
Yin Yang Flower
料金:
早割チケット ※限定数 10,000円
前売りチケット 12,000円
当日チケット 15,000円
駐車券 3,000円
テントサイトチケット 3,000円
チケット購入:https://transcendence2024.peatix.com/
(コテージ購入の詳細はこちら
オフィシャルサイト:https://transcendence-tokyo.studio.site/
各種SNS:
Instagram:
https://instagram.com/transcendence.tokyo/
Facebook:https://www.facebook.com/Transcendance.tokyo
X:https://twitter.com/transcendence_8
19
APR

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL