NEWS
< >

ダフト・パンクが新作アルバムに90人編成のオーケストラを起用

12月17日より全世界同時公開がスタートするディズニー最新作「トロン:レガシー」。その劇中音楽を手掛けた「Daft Punk」によるオリジナルサウンドトラックが、12月15日にリリースされる。映画の内容もさることながら、本作は2005年のアルバム「Human After All」以来となる「Daft Punk」の新作だけにすでに大きな話題を呼んでいる。ユニットの1人「Thomas Bangalter」が語ったところによれば、彼らは今作のために90人編成のオーケストラを起用したとのこと。「Daft Punk」といえば、エレクトリックな楽曲がイメージされるが、クラシックの要素を取り入れることで、自身のレトロフューチャリズムを表現したようだ。また、彼らは海外メディアのインタビューにおいて「これまででもっとも挑戦的かつ複雑なプロジェクトだった」とも語っており、その新境地が期待される。新作アルバムの楽曲は下記のサイトから試聴することができる。映画の公開に先駆けて、チェックしてみてはいかがだろうか。


■「トロン:レガシー」公式サイト
http://www.disney.co.jp/tron/

■「トロン:レガシー」オリジナルサウンドトラック
http://www.disney.co.jp/records/tronsoundtrack/index.html

07
JUL

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL