NEWS
< >

Aphex Twinが今度はAFX名義で10年ぶりの新作を発表

昨年9月に13年ぶりとなるアルバム『Syro』をリリースしたAphex Twin。その後も同名義で『Computer Controlled Acoustic Instruments pt2 EP』をリリースするなど、活発な動きを見せていた彼が、今度はAFX名義で約10年ぶりとなる新作『orphaned deejay selek 2006-2008』を8月18日に発売されることが明らかになった。

AFX名義としては、2003〜2005年にかけてリリースされた『Analoard』シリーズ以来約10年ぶりとなる本作。アートワークは、<Warp Records>のレコードジャケットなどを手がけてきたThe Designers Republicが担当。90年代、世界中に数々のフォロワーを生み出してきたThe Designers Republicらしいデザインが施されており、初回生産のみ、アナログ盤を模した穴空き特殊紙ジャケット仕様となるようだ。

今回のリリース発表に合わせ、新曲となる「serge fenix Rendered 2」とトレーラー映像が公開されたのでこちらもチェックしてほしい。


■Serge Fenix Rendered 2
https://soundcloud.com/richarddjames/serge-fenix-rendered-2




- Release Information -

タイトル:orphaned deejay selek 2006-2008
アーティスト:AFX
レーベル:Warp Records / Beat Records
発売日:2015年8月18日
価格:1,750円(税別)

[トラックリスト]
01. SERGE FENIX RENDERED 2
02. DMX ACID TEST
03. OBERHEIM BLACET1B
04. BONUS EMT BEATS
05. SIMPLE SLAMMING B 2
06. MIDI PIPE1C SDS3TIME CUBE/KLONEDRM
07. NEOTEKT72
08. R8M NEOTEK BEAT
28
NOV

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL