NEWS

“難病と闘うVJ NAKAICHIを救いたい” 肝臓移植のための募金活動が開始

 VJ NAKAICHI(本名:中市好昭)にアメリカで肝臓移植の手術を受けさせるため「よしあきさんを救う会」が発足し、募金活動を開始した。

 VJ NAKAICHIは、日本を代表するVJとして数々のイベントやフェスティバルに出演。代表的なものには、DJ EMMAがレジデントを務めていた「TROUBLE☆HOUSE」や日本最大のテクノパーティー「CLASH」、WOMBが主催したフェスティバル「WOMB ADVENTURE」やシンガポールで開催されているアジア最大のビーチフェスティバル「ZoukOut」などがあげられる。また、さまざま
なコンサートにおける映像演出や、TOYOTA、NISSANなどのショー映像/展示映像を務めるなどクラブシーン以外でも活躍している。

 VJ NAKAICHIは22歳の時に自己免疫性肝炎(指定難病)と診断され、28歳の時には原発性硬化性胆管炎(指定難病)を併発。いずれも原因不明の難病で、38歳の彼は、現在余命2年と言い渡されているそうだ。治療には肝臓移植でしか方法がないとされており、日本では移植待ちの患者が多いことや、移植手術が極めて難しいことから、海外での移植という手段をとることとなった。医療費や渡航費など今後3ヶ月で7,500万円を目標としている。募金は下記から行える。


■よしあきさんを救う会
http://www.yoshiaki-san.com/
PREV
レゲエ/ダブシーンの重要人物Don LettsがMICROCOSMOSに登場
レゲエ/ダブシーンの重要人物Don LettsがMICROCOSMOSに登場
NEXT
渋谷WOMBが今週末にリニューアルオープン
渋谷WOMBが今週末にリニューアルオープン