NEWS

ロンドンのクラブfabric存続を願う署名運動が開始

 現在営業停止を余儀なくされている、ロンドンのナイトライフのコアとも言えるfabric。クローズを避けるべく、クラブ存続を訴える署名運動が開始された。

 営業停止の背景には、2人の18歳少年の死がある。1人は今年6月25日、もう1人は今月8月6日にドラッグのオーバードーズが原因で命を落とした。コカイン、ヘロインなど、最も有害とされるクラスAのドラッグがクラブ内で提供されたとして、ロンドン警視庁はfabricの営業免許を剥奪した。これに対しロンドン市長であるSadiq Khanは、ロンドン警視庁とイズリントン区議会にクラバーたちの安全とfabricの未来を守る方法を見出すよう促している、とTwitterに投稿。営業再開を支持する声明を発表した。

 また、世界規模で署名賛同を集めることができるウェブサイトChange.orgにて、本日fabric閉店を阻止する署名運動が開始された。Fabricで8年間、プロモーター/レジデントDJとして携わってきたというJacob Husleyによって作成されたこのキャンペーンは、目標の賛同者を50,000人に定めており、達成まで現時点であと約15,000人の賛同が必要となる。またこの署名の宛先はロンドン市長に設定されている。Jacob Husleyのメッセージは英語のみだが、基本的には日本語にも対応している。

■Change.org
https://www.change.org/p/save-london-s-nightlife-stop-the-closure-of-fabric
06
APR
PREV
日本一のターンテーブリストが今週末決定!「DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIP 2016 FINAL」タイムテーブル発表
日本一のターンテーブリストが今週末決定!「DMC JAPAN DJ CHAMPIONSHIP 2016 FINAL」タイムテーブル発表
NEXT
一度かぎりのエクスクルーシブライブ! Gilles Peterson率いる「Sonzeira Live Band」のメンバーが明らかに
一度かぎりのエクスクルーシブライブ! Gilles Peterson率いる「Sonzeira Live Band」のメンバーが明らかに