NEWS

一度かぎりのエクスクルーシブライブ! Gilles Peterson率いる「Sonzeira Live Band」のメンバーが明らかに

 10月7日(金)、8日(土)、9日(日)に恵比寿ザ・ガーデンホールと代官山UNITで開催されるジャズフェスティバル「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2016」。先日、13組の出演アーティストが発表されたが、“後日公開予定”とされていたGilles Peterson presents Sonzeira Live Bandのバンドメンバーが、今回新たに発表された。

 Gilles Petersonが“Sonzeira(ヤバイ音という意)”というプロジェクト名のもと、ブラジルの現地ミュージシャンを多数起用し2014年にリリースしたアルバム『BRASIL BAM BAM BAM』。彼は、そのSonzeiraプロジェクトを特別にライブで披露するべく、「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016」への出演のためだけにメンバーを精選。特別編成のSonzeira Live Bandとして、一度かぎりの特別なライブを披露する。

 バンドメンバーには、現在のブラジル音楽シーンを牽引する若手から中堅プレーヤーをはじめ、ブラジル音楽の歴史を体現する伝説的なベテラン奏者まで、世界屈指のミュージシャンたちが参加。
 本バンドは、ボーカル/キーボードを務めるブラジル音楽界の至宝Marcos Valleを筆頭に、ブラジリアンファンクのカリスマ的バンドFarofa Cariocaの中心人物Gabriel Moura(ボーカル/ギター)。リオ五輪の閉会式でもパフォーマンスを披露し注目を集めたMaíra Freitas(ボーカル)。Smoke CityやDa Lataなどのボーカリストとして知られるNina Miranda(ボーカル)。ブラジル音楽新世代派の旗頭として全世界から一目を置かれるKassin(ミュージカル・ディレクション/ベース)。リオの気鋭ミュージシャン/ソングライターによる大所帯ビッグバンドOrquestra Imperialなどで活躍するStephane San Juan(ドラム)。そして、Gilles Petersonの盟友にして、UKソウル&ジャズ界のキーパーソンとして名高いRobert Gallagher(ボーカル)など、計10人の世界的実力派プレイヤーで構成されている。

 “音楽の楽園”ブラジルからやってきたドリームチームが、一体どのようなセッションを繰り広げるのか。Gilles Petersonによる、世界初披露にして一度かぎりのエクスクルーシブライブは見逃せない。
 なお、本イベントの各前売チケットは、8月27日(土)の朝10時よりクラベリアにて販売開始されるのでぜひご利用ください。

■チケット販売ページ
7日(金)
https://ticketpay.jp/booking/?event_id=5280

8日(土)
https://ticketpay.jp/booking/?event_id=5281

9日(日)

https://ticketpay.jp/booking/?event_id=5282

■「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2016」オフィシャルサイト
http://www.montreuxjazz.jp/


- Event Information -
タイトル:モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016
開催日:10月7日(金)、8日(土)、9日(日)
会場:
恵比寿ガーデンホール(東京都目黒区三田1-13-2 ザガーデンホール)
UNIT(東京都渋谷区恵比寿西1-34-17 Za HOUSEビル)
時間:
10月7日(金)Open 18:00 / Start 19:00
10月8日(土)Open 17:00 / Start 18:00
10月9日(日)Open 17:00 / Start 18:00

料金 :
10月7日(金)前売り券:9,000円 当日券:10,000円
10月8日(土)前売り券:10,000円 当日券:11,000円
10月9日(日)前売り券:13,000円 当日券:14,000円

出演者:Caetano Veloso, Gilles Peterson, Gilles Peterson presents Sonzeira Live Band, 須永辰緒, Teresa Cristina, Pete Josef, Francesco Tristano presents p:anorig feat. Derrick May, Henrik Schwarz featuring Fumio Itabashi & Kuniyuki, Toshio Matsuura, METAFIVE, Melanie De Biasio, 八代亜紀&Makoto Kuriya Quintet,  Lulu Gainsbourg featuring Ara Starck

■イベントページ
7日(金)
http://www.clubberia.com/ja/events/256689-2016/
8日(土)
http://www.clubberia.com/ja/events/256690-2016/
9日(日)
http://www.clubberia.com/ja/events/256691-2016/
PREV
ロンドンのクラブfabric存続を願う署名運動が開始
ロンドンのクラブfabric存続を願う署名運動が開始
NEXT
“ヒップホップの真実の歴史を記した書”『ヒップホップ・ジェネレーション』が復活
“ヒップホップの真実の歴史を記した書”『ヒップホップ・ジェネレーション』が復活