NEWS

Jeff Millsによる"One Man Spaceship"の場外編が開催

2006年からWOMBで開催され、2010年1月1日に完結するJeff Millsによるプロジェクト"One Man Spaceship"の場外編と言える"PUBLIC IMAGE"が、9月12日(金)MADO LOUNGEにて開催される。Jeff自身、その"One Man Spaceship"が終わる2010年まで日本で公演する事はないと公言していたが、今回は多面スクリーンを用いてJeffが"One Man Spaceship"内にて睡眠中の脳波を、宇宙に最も近いフロアMADO LOUNGE(六本木ヒルズ52F)へと送信するという設定で特別に開催されるという。
Jeff Millsが現実と想像の間でどのようなプレイを魅せてくれるのか、期待が高まる。


※"One Man Spaceship"とは?
2006年10月28日@WOMB公演から開始され、2010年1月1日に完結するJeff自身の音楽、精神、意識の拡大をコンセプトとした仮想宇宙旅行プロジェクト。

※以下はJeff Millsからのメッセージ。
2006年10月28日、6:00am。宇宙をめぐる長くとてつもない旅が始まった。僕のミッションは人類の未来の都市となりえる可能性がある惑星を発見、再発見すること。生命体が存在する確かな予兆がある世界を詳しく探検するのだ。土星とその環、アルファ・セントリという星郡、アクエリアス星座を通り抜け、僕は今3年間の予定の約半分の行程で水星へと向かっている。これまでの成果は莫大なものとなった。新しいサウンド、形、色、そして最も重要なことに、新しい感情を余すことなく受け入れてきた。これらの詳細は地球に戻ったときに発表するとしよう。僕のミッションは2009年に終息し、2010年1月1日12:01amー東京に戻ってくるのである。
 
このトランスミッションは今回初めて発信されるもので、今後様々な形でのコミュニケーションが行われる予定である。コードネームはThe Sleeper。


axis records
http://www.axisrecords.com/jp/

29
MAY
PREV
WOMBが大型フェスを開催
WOMBが大型フェスを開催
NEXT
WOMBが大型フェスを開催
WOMBが大型フェスを開催