NEWS
< >

- 壮大な景観とともに -
2020年絶景配信4選

 2020年、新型コロナウイルス感染拡大に伴う自粛により、開催の中止を余儀なくされるライブやイベントが相次いだ。 一方、その代替として新しくネットでの音楽配信に取り組むアーティストやイベント会社も増加し、その中でも美しい景観とともに配信を行ういわゆる”絶景配信”が注目を集めている。世界をみてみると、宮殿や美術館など常軌を逸した場所での音楽ライブを配信するストリーミングメディア「Cercle」がその代表格として挙げられるが、本記事では、今年日本で撮影された絶景作品を4つピックアップ。壮大な美景を眺めながら、それぞれのアーティストが奏でる音を堪能していただきたい。


DJ KENSEI at 猊鼻渓 | 岩手県

”世界に誇るJAPANを伝える映像”を発信している絶景音楽配信メディア「THAT IS GOOD」。その第3弾に、ヒップホップを起点に80年代後期から現在に至るまでシーンの最前線で活躍してきたDJ KENSEIが登場。風光明媚な渓谷の景観で知られる岩手県一関市の猊鼻渓で、舟下りの舟の上にブースを設置して撮影が行われた。THAT IS GOODは今までに5作の作品を公開していて、Chari Chari名義でも数々の作品を残し、日本クラブ黎明期から様々な現場で活躍するKaoru Inoueや、声と打楽器そのものをCreative Sourceにダンスミュージックと呼ばれるありとあらゆるシーンを縦横無尽に渡る'girled'ユニット、ラビラビなどが出演している。

THAT IS GOOD 
YouTubeチャンネル



Q’HEY at 白川郷 | 岐阜県
 
DJプレイによるダンスミュージックにのせて日本が誇る観光地・絶景の動画を配信するチャンネル「High in Japan」。その第5弾に、国内最長寿テクノパーティー「REBOOT」をオーガナイズ、日本のテクノシーンをリードする存在として活躍するQ'HEYが出演。岐阜県が誇る世界遺産「白川郷」にて、Q'HEYならではのアップテンポなテクノセットを披露した。High in Japanは本作以外にも、北海道室蘭のの無人島「大黒島」で撮影されたKEN ISHIIによるセットや、同じく北海道札幌市の頭大仏で撮影されたDrunken Kongによるセットなど計11作を公開している。

High in japan
YouTubeチャンネル



Tsubasa Shimada at 相模原 | 神奈川県 
 
ローカルが持つ魅力を「映像と音楽」を使って発信・拡散していくプロジェクト「Landscape」。Local Artist × Local Landscapeをコンセプトに掲げる本プロジェクトの第2弾は、「芸術のまち」としても有名な藤野地区や、多くのキャンパー・バイカーから愛される道志みちが通る青野原などで知られる神奈川県相模原を舞台に撮影。出演者として、同じく神奈川県横浜市出身、PRIZMAXのパフォーマーとしての活動経歴を持ち、現在はDJ / プロデューサーとして活動するTsubasa Shimadaをラインナップ。ドローンによる壮大な景観が映し出される中、トリッキーかつパーカッシブなハウスセットを披露した。

Landscape
YouTubeチャンネル



Sakura Tsuruta at 裏磐梯 | 福島県

美しい日本のランドスケープにドメスティックアーティストの音楽を組み合わせることによって、視聴者の心深くに刻まれる映像音楽を届けるアートプロジェクト「ETCHED」。その第2弾に、バークレー音楽院を首席で卒業し、近年では電子音楽とデジタルアート祭典「MUTEK」などにも出演するSAKURA TSURUTAが出演した。撮影地となった裏磐梯は、1888年の噴火により壊滅的な被害を受け、数十年に渡り荒れ果てた荒野となっていたが、遠藤現夢をはじめとした復興を願う人たちによる植林活動の結果、現在の素晴らしい景観を取り戻した場所。早朝に現れる裏磐梯の夢のような景観と心を癒す音楽、遠藤現夢への敬意を込め、本作品のタイトルは『現夢』と名付けられたという。

ETCHED
YouTubeチャンネル