NEWS
< >

ニューヨークで24時間営業のパーティー特区の導入が提案

 ニューヨーク市が、ナイトライフ経済の復興を目的に24時間営業のパーティー特区の導入を検討している。

 先日、ニューヨーク市のナイトライフ局役員のパリッツ氏は、特定の地区のナイトライフ施設で一晩中営業できるようにすることを提案。現在の規則では、午前4時を過ぎてアルコールを販売することが禁止されているが、今回の提案が実現すれば、パンデミック以降、経済的苦境に立たされてきたナイトライフ経済の復興を助長する施策となるだろう。今回の提案は、ナイトライフ施設が24時間営業のライセンスを申請できるベルリンなどの都市からヒントを得たという。

 パリッツ氏は取材に対し、「どの地域が24時間営業を行って適切なのか調べるために今回提案しました。世界的に見ると、このような取り組みを行ったことで大きな成功を収めている地域もあります。」と述べている。

参考資料