NEWS
< >

最新技術を駆使した没入型アート体験「ETERNAL Art Space」開催!国内外の有名アーティストが手がけるデジタルアートが集結

 MUTEK.JPが展開する新感覚の本格アート体験型イマーシブアートエクスペリエンス「ETERNAL Art Space」が2022年3月12日(土)〜20日(日)の9日間、パナソニックセンター東京 Aスタジオにて開催。


最先端の本格派デジタルアートが国内外より集結!新作や日本初お披露目など注目作品多数 


 本展はパナソニック株式会社協力のもと、高精細な最先端技術を駆使したプロジェクターを搭載した空間で、国内外の有名アーティストが手がけるデジタルアート計8作品を上映。

 Rhizomatiksと演出振付家のMIKIKO率いるダンスカンパニー「ELEVENPLAY」の新作は、コンピュテーションが生み出す光とダンスの融合による、大型の映像装置が作り出す圧倒的な空間での身体表現の新たな体験を創出する。



 そしてTokyo 2020オリンピック閉会式の演出も担当した画家・中山晃子は変化し続けるうたかたの形と、変わらない泡沫の形を重ね、ひととき観察する「泡沫の形」の新作を公開。音楽は日本の音楽家/ピアニスト 澤渡英一が手掛ける。



 さらに、THINK AND SENSE & Intercity-Expressが手掛ける、京都両足院副住職 伊藤東 凌氏の協力のもと、禅をテーマにした作品「Stillness」や、絵画の世界に入り込む没入型体験ミュージアム「Immersive Museum」より、印象派の代表的作家・モネの「睡蓮」をテーマにした作品が特別編集されて初公開される。 





 海外からは、世界中よりオファーが絶えない、AIを活用し異空間を作り出すトルコ出身のメディアアーティスト Refik Anadoの参加が決定。また北京オリンピック開会式のプロジェク ション演出を担当した、中国のデジタルアーティスト Cao Yuxi と香港のサウンドアーティスト Lawrence Lau によるコラボレーションプロジェクト「Dimensional Sampling」も日本初公開となる。



  また、カナダ人アーティストSabrina Rattéが、テクノロジーと有機物の融合から生まれた生態系シミュレーションと、過去と未来が共存する永続的な緊張のある現在を表現するFLORALIA II」、さらにフランスを代表するデジタルアーティストMaotikは、「Ars Electronica」がリアルタイムのデータの波で自然を表現した「FLOW」を日本初お披露目。



 映像と音に包まれた空間で本格的な芸術に没入できる新しいデジタルアート体験をぜひ楽しんでほしい。


■「ETERNAL Art Space 」


日程 :2022年3月12日(土)〜 20日(日)
時間 :11:00〜21:00 / 1日7回上映 
1回目: 開場 10:40
2回目: 開場 12:10
3回目: 開場 13:40
4回目: 開場 15:10
5回目: 開場 16:40
6回目: 開場 18:10
7回目: 開場 19:40 

開演 11:00 -終演11:50 (50分)
開演 12:30 -終演13:20 (50分)
開演 14:00 -終演14:50 (50分)
開演 15:30 -終演16:20 (50分)
開演 17:00 -終演17:50 (50分)
開演 18:30 -終演19:20 (50分)
開演 20:00 -終演20:50 (50分) 

人数 :1回40名限定
場所 :パナソニックセンター東京 Aスタジオ
〒135-0063 東京都江東区有明3-5-1
入場料 :一般 2,000円 / 高校生&大学生 1,500円 / 中学生以下
 無料
 
公式サイト
https://eternalart.space/

 
28
JUN

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL