NEWS
>

P-VINE、アナログレコードのプレス工場を国内設立&メタバースに新規参入

  P-VINE, Inc.が新規事業としてアナログ・レコードのプレス工場「Vinyl Goes Around Pressing」(ヴァイナル・ゴーズ・アラウンド・プレッシング)の国内設立を発表。さらに、メタバースへ向けたブロックチェーン活用のNFTサービスを開始する。

 プレス工場は来春に立ち上がる予定となっており、製品のクオリティ、適正な製造価格、迅速な納期などサービスの向上に努めるとともに、国内外のアーティストやレーベルなどからのプレス製造を請け負うそうだ。また、将来的には単なる工場ではなく、小規模イベントなども行えるような音楽リスナーが集まれる空間を築くことを目指すという。

 ブロックチェーンとNFTの技術を利用したプロジェクトは年内に開始予定。本プロジェクトは現実世界を超えてレコードをメタバース上にも届けることを目指し、新たなマーケット・プレイスでは、二次売買においても権利者に適切な印税を還元する。現実世界とデジタル〜メタバースを横断する本サービスは、音楽リスナーが集まれる新たなデジタル空間としての展開を予定している。

 

株式会社Pヴァイン 代表取締役社長 水谷聡男 コメント


私たちPヴァインはまもなく会社設立50周年を迎えます。
先日、アメリカ合衆国のミュージシャンであるWELDON IRVINE(ウェルドン・アーヴィン)の原盤権・著作権を取得する契約を締結し、彼の遺した音楽を世界に向けて広めていくべくカタログのリイシューを順次手掛けていくことを発表させていただきました。このように我々は、この半世紀において、国内外の多種多様な音楽とその文化を、レコードやCD、DVD、雑誌や書籍といったメディアを通して紹介してきました。
そしてこのたび私たちは、アナログレコードのプレス事業と、来るべきメタバースの世界を見据えた事業を開始いたします。これからの私たちは仮想と現実のどちらの世界にも身を置くことになるのでしょうが、私は単純にレコードが好きで、そのどちらの世界でもレコードを持ちたいという思いがあります。
我々Pヴァインは、時代は変われどもそして手段は変われども、世界中の魅力的な音楽とカルチャーをあらゆるお客様のもとへ届けることを使命とし、「THE CHANGING SAME ~変わりゆく、変わらないもの~」を大切にしながら新たな領域へチャレンジいたします。

詳細はこちら
https://p-vine.jp/news/20230216-100000p
18
APR

RANKING

  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • ALL