NEWS

SQUAREPUSHERが3体のロボットで構成されたバンドのZ-MACHINESとコラボレション作品『Music for Robots』を発表

<WARP>を代表する鬼才SQUAREPUSHERが、人間の身体能力の限界を超えた高度な音楽パフォーマンスの実現を目指し生み出された3体のロボットバンドZ-MACHINESと、コラボレーション作品『Music for Robots』を4月5日に発売することとなった。

「私が追い求めたのは、"ロボットは感情に訴える音楽を奏でることができるのか"という疑問に対する答えだ。」とSQUAREPUSHERが述べるように、78本の指でギターを弾くギタリストと22個のドラムを叩くドラマーに生演奏させて作る音楽という未開の可能性に、強く惹かれスタートしたコラボレーション。SQUAREPUSHERが作曲し、Z-MACHINESによって演奏されるという形で発表された「Sad Robot Goes Funny」を皮切りに、昨年7月には「FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013」でのパフォーマンスが披露されたほか、アジア最大の広告祭「Spikes Asia」でDIRECT部門金賞を受賞、さらにZ-MACHINESは第17回文化庁メディア芸術祭で審査委員会推薦作品にも選出されている。そして今回新たに4曲が書き下ろされ、ミニアルバム『Music for Robots』が4月5日にリリースされることとなった。

機械でなければ不可能だった方法で、馴染み深い楽器を演奏させることにより生み出される音楽というのは、どのようなものか?非常に興味深いプロジェクトだ。詳細は下記のとおり。



真鍋大度氏が制作を担当した「SAD ROBOT GOES FUNNY」のミュージックビデオ


- Release Information -

アーティスト:
SQUAREPUSHER X Z-MACHINES

タイトル:
Music for Robots

レーベル:
Warp Records / Beat Records

発売日:
4月5日

価格:
¥1,500

●トラックリスト
01. Remote Amber
02. Sad Robot Goes Funny
03. World Three
04. Dissolver
05. You Endless
PREV
raster-notonの紅一点、Kyokaが待望のフルアルバムを3月にリリース
raster-notonの紅一点、Kyokaが待望のフルアルバムを3月にリリース
NEXT
DJ HARVEYによる「歴史を変えた1枚」が遂にオフィシャルリイシュー
DJ HARVEYによる「歴史を変えた1枚」が遂にオフィシャルリイシュー