BLOG
< >

OUT PUT / Manami Sakamoto - vol.4
「カナダ発信、Refraction Festival」 Interview - Malcolm Levy

 Clubberiaをご覧の皆さま、こんにちは。今年も残すところ1ヶ月弱となりましたが今年は特に時間の経過が早いですね。今年はどんな年だったんだろうと振り返ってみましたが本当にたくさんの出会いや経験がありました。

 そんな出会いの1つとして今年7月にカナダ発信のデジタルアート・ミュージックオンラインフェスティバル、Refraction Festivalに参加しました。
世界中から多様なアーティスト・クリエーターを集めたRefraction Festivalについてご紹介したいと思います。

日本からは、国内外から多彩なゲストを招き上質な音楽イベントを開催している渋谷のクラブContact Tokyoから、”Contact Showcase”と称してDJ SodeyamaGonnoSapphire Slowsの3名とバンクーバーを拠点にしている日本人VJ・ビジュアルアーティストGenki Nishidaとご一緒させて頂き、別日には流動的かつ有機的な表現を得意とするAlive PaintingアーティストのAkiko Nakayamaが参加しました。

Refraction Festival

DJ SODEYAMA + Manami Sakamoto [CONTACT] Refraction, July 21 2020 from Refraction Festival on Vimeo.


Gonno + Genki Nishida [CONTACT] Refraction, July 21 2020 from Refraction Festival on Vimeo.


Sapphire Slows [CONTACT] Refraction, July 21 2020 from Refraction Festival on Vimeo.




 今年初開催のRefraction Festivalは、Contact Tokyo, Crack Magazine, Fact Magazine, Public Records New York,日本でも毎年行われ今年も12月に開催が発表された電子音楽・デジタルアートの祭典MUTEK.JPの本拠地となるMUTEK Montreal、イギリスを代表するDJ Gilles Petersonがスタートさせたラジオ番組Worldwide FMの6つのメディアパートナーと協力のもとで開催されました。
多種多様なメディアの協力で多種多様なアーティスト・クリエーターが世界各国から集まったデジタルアート・ミュージックオンラインフェスティバル。
そんなRefraction Festivalの発起人、Malcolm Levyさんにお話を伺いました。
Malcolm Levy(マルコム ラヴィ) 
-1999年〜2018年 New Forms Festival アートディレクター
-2010年 バンクーバー冬季五輪のデジタル エキシビジョンのキュレーター
-2012年〜現在 カナダ バンクーバーのサイモンフレーザー大学とエミリーカー美術大学の教授
-2014年『*Deepblue』スタジオ 設立

Deepblue スタジオ/ クラブ

11室の音楽スタジオとイベントスペースキャパシティーは100人ほど。サウンドシステムは12個のKlipsch La Scala、4チャンネルステレオ(Quadraphonic sound)にセットアップされている。

-Deepblue出身 プロデューサー/ DJ
D Tiffany, Hashman deejay, Yu Su, Ramzi, 1800HaightStreet, Khotin, Regular Fantasy, L.N.S., Minimal Violence, Florist...
-過去の出演 DJ
Mood Hut, Ben UFO, Pearson Sound, Object, Call Super, DJ Sotofett, Moritz von Oswald...日本からはPowder, DJ Gonno

Manami(以下MS) :  Refraction Festivalのコンセプトを教えてください。
Please tell us the concept of the Refraction Festival.

Malcolm(以下ML) : Refraction Festivalのコンセプトは僕が好きなフェスティバルの制作やキュレーションの経験から生まれました。 Generateのようなアプリ、New FormsとRefractionのようなフェスティバル…その他のインスタレーションやプロジェクトなどに取り組んでいる時は いつもアートプロジェクトとして向き合っています。だから『Refraction』のコンセプトを思いついたときもオンラインで世界中がアートを通じて目前で変化していく新しい現実に共感できる場所を作りたいと思いました。 アートだけに集中できるようにアーティスト自身が ”どのように感じているか” “何を考えているか” “何を経験しているか”を音楽と映像を通して語れるように設計しました。

The concept for Refraction Festival came out of the different work that I like to create and curate in terms of Festivals.  Whether I’m working on an app like Generate, or a festival like New Forms before or Refraction, or other installations and projects, to me I think about them all as art projects.  So when I came up with the concept for Refraction, I really wanted to create a project that travelled around the world online, and spoke to the different realities that people were dealing with around being in quarantine, but do it in a way where it really just focused on the art, and no more and no less than that.  So that the artists themselves could really speak through music and visuals around how they were feeling and what they were thinking and going through. 



Generate app

Malcolmが開発するフィルターアプリ。i padやi Phoneでダウンロードが可能で多様なフィルターを使ってオリジナルの映像加工が楽しめる



NewForms Festival


Malcolmがオーガナイズしている去年で20周年を迎えたバンクーバー拠点の歴史あるアートミュージックフェスティバル。今年はNewForms Digitalと称してオンライン開催が行われた。




MS:  今回、Refraction Festivalを開催しようと思ったきっかけはなんだったのでしょうか?
What made you decide to hold the Refraction Festival this time?

ML : 今年はすでにフェスティバルの構想を考えていました。 New Forms Festivalを次世代に引き継ぎ故郷のトロントに戻って いろいろな人からフェスティバルをやらないかと言われていました。 その後ニューヨークのPublic Recordsから夏のフェスティバルのキュレーションを頼まれました。 すでに いくつかのキュレーションに付随的に関わっていて尊敬する友人やアーティストが出演していたので楽しみにしていました。New Forms以降のキュレーションという意味では完璧な次のステップでした。アーティストだけではなくコンセプトも含めフェスティバルをどう設計したいか真剣に考え始めていたのです。
そんな時にコロナが流行し始め、ほぼ毎日のように話している旧友が電話で今こそフェスティバルをやるべきだと言ってくれたんです。Generateも含めコロナ時代の新しい現実に向き合う事ができるように今までとは違ったことをするには良い機会だと思いました。もっとも新しい現実を目の前にアーティスト達が直面する問題について話す場を提供したかったんです。当時はコロナの影響で自粛や隔離、公演中止、Black Lives Matters運動があったり いろいろなことが起こっていたのでアーティストが自分たちなりに発言して きちんとサポートしてもらえることが重要だと思いました。
そこからコンセプトに集中し どうやって それを実現するのかを考えていくと夢中になってしまうんです。 だからアーティストと様々なコンセプトを話し合ったりするようになって、いつの間にか世界中のアーティストが集まるオンラインのフェスティバルになりました。 
I was already conceptualizing a festival this year.  After passing on New Forms to the next generation, and moving back to my hometown of Toronto, a lot of people were asking me about doing a festival.  Then Public Records in New York asked me to curate a summer festival, and I was quite excited about this.  It was the perfect next step for me in terms of curating post- New Forms, and I had been ancillary involved in some of the curating there already, and a lot of friends and artists I respected were playing there.  So I had started to really formulate a lot of thoughts around how the festival would look, in terms of both artists, but also the concepts I wanted to dive into.  
Then when COVID hit, a friend of mine called me, an old friend who I talk to almost every day, and he said, now that its COVID, you should really do a festival, especially around the launch of Generate and speaking to the time we are in.
I thought to myself, this will be a really interesting opportunity to do something different than I have ever done before, but more importantly, it will give artists a chance to really speak around the issues they are dealing with.  At the time everything from just being quarantined due to COVID, to no performances, to the Black Lives Matters movement were all playing out, and I felt it was really important for artists to be able to speak in their own way, and be supported properly around that.
From there once I start digging into a concept and thinking about how it will happen, I get very focused and obsessed with it, day in and day out.  So I started to talking to artists and discussing different concepts with them, and before long there was a festival online spanning the entire globe.  

MS : Refractionの配信は、各アーティストそれぞれの個性がありとてもユニークで見応えのある内容でした。今回アーティストはどのような基準でピックアップしたの?
The Refraction distribution was very unique and spectacular, with each artist having their own personality.
What criteria did the artist pick up this time?

ML : ありがとうございます。これまでの反響は本当に素晴らしいものでした。 世界中のアーティストやグループの中から面白そうな組み合わせを作りグローバルな会話になるように選出しました。 それから基本的に何をしているのかを伝えましたが、テーマは かなり自由にしておきました。 彼らのアイデアをもとに全てのアーティストと話をしてスケジュール、スペース、パートナーなどの面で一緒に形を作り始めました。 最終的には様々な作品を一つに まとめていくような感じでした。
Thank you, the response so far has really been amazing.  What I did was simply choose artists and collectives across the globe I felt would be interesting together, almost like a global conversation.  Then I basically told them what we were doing, and left the themes pretty wide open.  I spoke to all the artists around their ideas, and started molding them together, in terms of the schedule, spaces, and partners from there.  So by the end it was basically like create one whole out of all those piece.


Akiko Nakayamaによるalive PaintingとGenerate appのコラボレーションワークMathew Jonsonのスタジオからの配信、他クロマキー合成を駆使したものやGenerate appのみで生成された映像を使用して行われたAudio Effects Visual Showcaseなど多様な作品の数々が発表された。


MS : Malcomにとっては、初めてのオンラインイベントですか?(もし違ったら以前にやったオンラインイベントを教えてください)今回やってみて感じたポジティブな部分と課題点があれば教えてください。
Is this the first online event for Malcom? (If not, please tell me the online event you did before) Please tell us if there are any positive points or issues that you felt after trying this time.

ML :この規模のオンライン イベントは初めてでした。 もちろんGenerateを7年やっているのでデジタルオンライン空間での経験はこれまでに たくさんありました。 またNew Formsを始めてから20年ほど経ちます。 なので基本的にはそれらの経験を全て取り入れて何か新しいものを作るかたちになりました。 冗談を言うとオンライン・フェスティバルをやるのはもっと簡単だと思っていたところ全然そんな事ありませんでした。笑
This was the first online event I did of this scale.  But of course, I have been directing Generate for the past 7 years, so I have a lot of experience in the digital online space.  Then of course with New Forms I have about 20 years experience.  So I basically took all of that experience to create something new.  The joke I make is that I thought doing an online festival would be easier......but of course it wasn’t:-)

MS : 今、たくさんのオンラインイベントが世界中で試行錯誤の中行われています。Malcomが見てこれは面白いと感じたイベントがあれば教えてください。
Many online events are taking place all over the world today. Please let us know if there are any events that Malcom found interesting.

ML : クラブQシリーズはもちろん、PS:1のGet Together w/PS:1やFadedのDigital FortNTSのフェスは面白かったです。 あと、Nowadaysがキュレーションした進行中のシリーズも好きです。 United We Streamは、様々なジャンルやスペース、都市から多くのクラブ・シーンを集めた良い仕事をしてくれましたね。また、Sinjin HawkeとZora Jonesはとてもクールな空間/インスタレーションをしてくれたし、Well NowのWTFシリーズも素晴らしいです。 本当にまだまだあるんですが。。。これからもオンラインに様々な方法でキュレーションされた面白いフェスティバルが たくさん出てくるはずなので楽しみにしています。
I really liked the Club Q series, as well as the Get Together w/ PS:1, and the Digital Fort by Faded, and the festival that NTS did as well.  Also I like the ongoing series that Nowadays has curated.  United We Stream has done a good job of really bringing a lot of the more club scene together as well, from different genres and spaces and cities. Also Sinjin Hawke and Zora Jones did a very cool space / installation, and the Well Now WTF series has been amazing.  It really goes on and on and on... There will continue to be many interesting festivals online that are curated in different ways and I look forward to seeing them.


MS : カナダの今の情勢はどう?ナイトカルチャーや街の状況について教えてください。
What is the current situation in Canada? Please tell us about the night culture and the situation in the city.

ML : 現在全てがロックダウンされていて、この状況に忍耐強く対応しようとしています。 今できることはそれだけです。 インディペンデントアーティストやスペース、センターをサポートすることが今まで以上に重要になってきています。
Currently everything is in lockdown, and we are just trying to be patient with the situation.  That’s all you can really do right now.  Supporting the independent artists, spaces and centers is now more important than ever.

MS :日本では一時ナイトカルチャーシーンもオンライン化が余儀なくされた状態もあり特に映像のシーンが飛躍的な進化を遂げています。カナダはどう?
Also, in Japan, there is a situation where online is temporarily forced, and especially the video scene has undergone dramatic evolution. How about Canada?

ML : はい、確かにオンラインシーンはカナダでも世界中同様飛躍的に進化しています。 これは、パンデミックに よってもたらされたものなので色々と考えさせられています。
Yes the online scene for sure has shot up, just like everywhere.  This is the thing that this has brought by the pandemic.  It has made us think differently, whether we like it or not.


MS : アートにはデジタルな表現の良さもありアナログな表現の良さあると思います。Malcomが作るイベントは両方のバランスがとてもよく取れていると感じるのですがイベントを作っていくにあたり意識していることはありますか?
I think that art has good digital expression and analog expression.
I feel that the events created by Malcom have a very good balance between the two. Is there anything you are aware of when creating the event?

ML : 私はフェスティバルと自分が参加している芸術活動を完全なエコシステムとして考えていて、その中で物語を語ることを常に心がけています。 アーティストのやりたいことを可能な限り有機的に表現し、それを最大限に実現するためにアーティストと一緒に活動できるように努力しています。
I really think about a festival, and the art practices I am part of as a full ecosystem, and I always try to tell a narrative thorough that.  I try to keep all artistic practices as organic as possible to what the artist wants to do, and then work with the artists to help realize this to the greatest level that they can.

MS : さっきも話に出ていたGenerate appというフィルターアプリを開発されていますが、どういうアプリなのか教えてください。
Please tell us the Generate app that you have been developing.

ML : Generateは あなた自身がクリエイターになることを可能にします。 ユニークなエフェクト、自分だけのスタイルのビデオ作成、音楽の追加、無限の写真やビデオアートワークを作成したり全てを数分のうちに可能にするアプリです。 信じられないビジュアル、ビデオ、画像を作成するには最も強力なアプリの一つです。
ライブエフェクトやAIエフェクト何千もの可能性のあるフィルタプリセット、ビートに合わせて動くエフェクトなどGenerateは写真、ビデオ、音楽編集の両方でクリエイティブの可能性を広げます。数秒で新しいフィルターを作成できるデザイン機能を備えた このアプリはクリエイターのパレットに基づいた美しいカメラフィルターからグリッチのような美学まで今日のクリエイティブなプロセスのために作られています。
 
GenerateはRefraction Festivalやアプリ内のクリエイターズ・プログラム(Creators Program)のような継続的なイベントを通じてクリエイターをサポートしています。 無料版に加えて新しいGenerate Proでは新しいエフェクトや機能にアクセスすることができます。 このアプリのコンセプトはアーティストやミュージシャンがイベントやインスタレーションをキュレーションして構築する私たちのスタジオから生まれました。 私たちはこれを全てのアーティストやクリエイターに無料で提供しています。
Generate allows you to become your own creator.  Build unique effects, own a style all your own, make videos, add music, and create endless photo and video artwork, all in a matter of minutes.  Its one of the most powerful apps out there to really create incredible visuals, videos and images.

With live and AI effects, thousands of potential filter presets, and effects that move to the beat, the Generate expands on creative possibilities for both photo, video and music editing.   With design features to create new filters in seconds, the app is built for the creative process of today, with aesthetics ranging from beautiful camera filters to glitch aesthetics based on the creators palette.  

Generate supports creators, through its ongoing events like Refraction Festival and our Creators Program in app.  In addition to the free version, the new Generate Pro Subscription gives users access to ongoing new effects and features.  The concept for the app comes out of our studio, where artists and musicians curate and build events and installations.  We give this to all artists and creators for free.

We were one of the first apps in the world to build effects like we have, and so this new version is really exciting. 

MS : 最後に一言お願いします。
Please give us a final word.

ML : クリエイターズ・プログラムを通じて世界のトップ・クリエイターに無料でアプリを提供します。日本にはデジタルコンテンツ、ファッション、ブランド、クリエイティブアートの素晴らしい伝統があるので日本のユーザーがアプリを使って何を作るのか特に楽しみです。そして現在 様々なフェスティバルとパートナーを組んでクリエイターに新しい作品を制作してもらっているので是非ご期待ください。
 まなみさんインタビューありがとうございました。
We are especially excited to see what the Japanese users create with the app, as there is such an amazing tradition of digital content, fashion, brands, and creative arts that comes out of Japan.  We are going to be giving the app for Free to top creators in the field, through our Creators Program, which can be found in the app.  Also, we are being asked now by different festivals to partner and have our creators make work for the festivals, so stay tuned and get involved!

Most of all thank you for the interview, Manami -San!




数々のフェスティバル・イベントにおいてコンセプトは様々ですが、アーティストと物語を造っていくという言葉がとても印象に残りました。
世界中が直面している現在の状況の中でアーティスト・クリエイターにとっても同じく深刻な問題は続いています。
表現する場所が以前よりも限られている現状、特にプラットフォームの考えはとても重要です。

翻訳  :  Arisa Yoshikawa