NEWS

電子音楽&デジタルアートの祭典「MUTEK.JP 2019」第1弾ラインナップ発表!周遊早割チケットも発売

本国カナダ・モントリオールで20周年を終えたばかりの電子音楽&デジタルアートの祭典「MUTEK」が東京で12月11日(水)〜15日(日)まで、計5日間にわたって渋谷エリアにて開催が決定。今年もデジタルアートの可能性を探求する国内外のアーティストが一挙集結。独創的かつ革新的なオーディオビジュアルライブ、カンファレンス、ワークショップ、エキシビジョンなどが繰り広げられる。

そして本日、第1弾出演アーティストが発表された。
まず1組目に真鍋大度が京都大学/ATR(国際電気通信基礎技術研究所)の神谷之康研究室と共同制作したアートプロジェクト「dissonant imaginary」。音を聴くことで変化する視覚野、連合野の脳活動データを用いて画像を再構成する様子を可視化したオーディオビジュアル・インスタレーションを披露。
また、カナダ人エクスペリメンタル・コンポーザーのTim Heckerが、雅楽ミュージシャンのthe Konoyo Ensembleと最新パフォーマンスを披露。轟音で鳴り響く電子音の中で、日本の伝統楽器である笙(しょう)や篳篥(ひちりき)、筝(そう)、火焔太鼓(かえんだいこ)等の奏でる音色でのライヴセット。
アルスエレクトロニカ「Digital Musics & Sound Art部門ゴールデン・ニカ(大賞)」など名誉ある賞を受賞し、カナダ・モントリオールのMUTEK20周年でも大絶賛のオーディオビジュアル・パフォーマンスを披露した黒川良一が、約7年ぶりに日本でのライヴを披露する。
さらに、実験的なエレクトロニックサウンドを追及する女性アーティストDasha Rushと、ドイツ人プロデューサーLars Hemmerlingによる「LADA」日本初のライヴを披露。
ロンドンのテクノ・ダブステップレーベル<Hyperdub>主宰のKode9が、『アニマトリックス』などを手掛けたアニメーション監督の森本晃司とオーディオヴィジュアルセットで出演決定。Red Bull制作の日本のゲームミュージックの歴史を紐解くドキュメンタリー映像『DIGGIN IN THE CARTS』で誕生したスペシャルユニットが出演する。
そのほかにも国内外から10組以上の錚々たるアーティストの出演が決定した。

また、数量限定の「早割5日間パスポート(20,000円)」をイープラス、Zaikoで本日から発売をスタートする。

詳しくはオフィシャルサイトをチェック。
https://mutek.jp/

 
MUTEK.JP 2019
2019年12月11日(水)〜15日(日)
会 場:
Hikarie Hall / SHIBUYA STREAM Hall / LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂) / LIQUIDROOM / EDGEof
 
料 金:
数量限定 MUTEK 早割5日間パスポート(20,000円)
*オールナイト公演は20歳未満ご入場できません。一部のプログラムは入場規制する場合がございます。あらかじめご了承ください。
 
出 演:
Akiko Nakayama [JP] 
Daito Manabe + Kamitani Lab [JP] 
Falaises [CA/QC] 
Hiroaki Umeda [JP]
Kode 9 & Koji Morimoto [UK+JP] 
LADA (Dasha Rush & Lars Hemmerling) [DE+RU] 
Line Katcho [CA/QC] 
Myriam Bleau [CA/QC] 
Norimichi Hirakawa [JP] 
Push 1 stop & Wiklow [CA/QC] 
Ryoichi Kurokawa [JP] 
Sakura Tsuruta [JP]
Tim Hecker & The Konoyo Ensemble [CA+JP] 
Yosi Horikawa [JP]
Yuzo Koshiro & Motohiro Kawashima [JP]
and more...
 
主 催:一般社団法人MUTEK Japan
特別協力:KDDI株式会社
特別協賛:東急株式会社
後 援:カナダ大使館、ケベック州政府在日事務所、アンスティチュ・フランセ東京
PREV
JEFF MILLS 3枚組CDと本人による楽曲解説を収録した新作アルバムを発売
JEFF MILLS 3枚組CDと本人による楽曲解説を収録した新作アルバムを発売
NEXT
名古屋城にBoiler Roomが上陸
名古屋城にBoiler Roomが上陸